夢幻喫茶の座談帳

夢香「ここは竜崎飛鳥さんが気紛れに再開し始めたなりきりブログ? ってやつだよ」

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3年前のあの日。

  1. 2014/03/11(火) 12:30:14_
  2. 通常日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0

 まだ営業だった竜崎は、都心のお客様の所に寄って、それから協力会社さんへ向かおうとしていた電車の中にいました。

 丁度駅に停車していて、発車するのを待っている状態だったのが幸いでした。出発するかしないかの直前で、大地震が発生。何が起きたのか直後はさっぱりで、取りあえず車内で待機するものの、徐々に東北の方で大きな地震が発生したのだとわかりました。


 ええ、凄く不安でした。会社の仲間や友人や、むしろ家族は大丈夫なのかって。その頃ケータイ充電器など持っていない時でしたので、電池の残量が心許ないケータイで何度も家に電話して、けど繋がらなくて……不安がマックスになった頃漸く家から着信が。電話をしてきたのは妹で、竜崎が「無事っ!?」とテンパりながら聞けば、






妹「うん、ぶじー」←まるで何事も無かったかの様な緊張感に欠ける声







 ……。






 おいこら何だその緊張感の欠片もない声はっ!!!!!!(激怒)







 もう不安がマックスだった事もあって、電話越しにぎゃんぎゃん妹に怒りましたよ(笑) 妹曰く「だって本当に無事なんだし」との事なのですが、心配していた方の事も考えてくれ……orz

 その後母親に取り次いでもらって、家の方は何事も無かったとわかってそこで安堵して今度はぼろぼろ泣いてました(笑)


 で、ひとしきり状況把握をした後、電車は勿論動かず、協力会社へ行くのは勿論会社に戻るのも難しい状態だったので、当時直の上司だった先輩に電話をして、取りあえず家に帰る許可を貰ったんです。






 で・す・が。






 あの時は電車は勿論バス・タクシーともに麻痺している状態でとてもじゃないけれど乗れない!!

 竜崎は考え……そして結論を出しました。






 交通手段が使えないのであれば、歩けばいいじゃない←パンが無ければ~と同じノリ







 幸運な事にもその駅は何度も利用した事のある場所で、自宅の駅までのルートも知っていました電車でのルートは。






 ええ。






 歩いて帰るなんてしたことがないし本当に出来るのかと考えてしまう程距離はありましたけどね。







 けどまぁ、会社と自宅の距離に比べたら問題はないだろうし、線路沿いに歩いていけばこちらも問題ないだろうとお前は何処の洋画の主人公だと今となってはツッコミを入れたくなる思考の元、家に向かって歩き出しました。


 道中車用の看板(あの青くて、地区の方角が書いてあるあれ)を頼ったり記憶を頼ったり駅員さんや交番のおまわりさんに頼ったりしながら、何とか歩いて自宅まで戻る事が出来ました。

 因みに、所要時間は約4時間。


 今となっては会社でもちょっとネタ扱いになってます(苦笑)






 でも、後日「そういやあの時の竜崎は凄かったよなー(笑)」とネタに出来るような現状にいるって事は、とっても幸せな事なんだなとしみじみ感じます。


 今も尚、この日が来ると辛いとか悲しいとか、そんな言葉だけでは表せない程の感情が込み上げてくる方もいらっしゃると思います。だから、会社の仲間も家族も友人も、皆無事だった竜崎はとっても幸せ者なんだなと。

 被害に遭われた方を哀れんでいる気はありませんが、けど少しでも早く、被害に遭われた方の傷が少しでも癒える事を願っています。




-----<ランキング参加中!! ~貴方の清き1ぽちを~>-----
 
 
スポンサーサイト


<<んー……。 | BLOG TOP | 時間がないので手短に映画はくおーき二章のネタバレなし感想。>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

竜崎飛鳥

Author:竜崎飛鳥
【登場人物紹介】

<夢香>
夢香「はいはーい、夢幻喫茶のオーナーにして飛鳥さんの暇つぶしに巻き込まれている可哀想な少女、その名は夢香(ゆめか)。身長、体重、スリーサイズはヒ・ミ・ツ☆」
凛「真面目に自己紹介してください;」

<大槻凛>
凛「えーっと、大槻凛(おおつきりん)、d「現在花の大学生を謳歌なう♪ 絶賛彼氏募集中の、凄腕イケメンハンター女子でーす☆」って何勝手な自己紹介……じゃなかった、他己紹介してるんですか夢香さん!!」
夢香「えー、だって凛さんそれくらい盛らないと特にあげるところがないくらい平々凡々な大学生じゃーん」
凛「平々凡々で問題ありませんっ!!!」

<竜崎飛鳥>
夢香「(出されたカンペを見ながら)えー、アタシが紹介するのー? 自分でやりなさいよ自分でー」
凛「ま、まぁまぁ夢香さん; これもお仕事ですから;」
夢香「しょーがないなー。えーっと、

『一時期ライトノベル作家を目指してがむしゃらに走っていた元・小説の卵、現・駆け出し主婦。しかし相変わらずオタク兼腐女子気質の為、このブログに顔を出す時もそれ系のネタが多くなるかもしれません。苦手な方は何も見なかったことにして回れ右して戻られることをお勧めします、お互いの為にも。
 また気紛れ旅人を名乗っていた時期同様、その気紛れさも健在の為、突然長期間更新しなくなることもあります。その時はご了承ください』

 だってさー」

最新コメント

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。